『難分析核種の高感度分析のための多色イオン化光源の開発』 坂本 哲夫 工学院大学 先進工学部 応用物理学科 教授

http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwc1045/
多色イオン化光源を開発し、共鳴光イオン化により、質量分析においての難題であった同重体識別を可能とします。また、これを活用し、放射性物質を含む微粒子に対し、同位体別のイメージング画像が取得できる技術を開発しました。その核となる技術が多色波長可変レーザーです。また、既開発の質量イメージング装置と組み合わせ、実微粒子において、放射性セシウムが付着している様子を同位体別画像で表示できました。
(先端計測分析技術・機器開発プログラム:http://www.jst.go.jp/sentan/

広告
広告

Leave a Reply