パネルディスカッション:地域での発達障害支援を考えよう

2018年11月11日に行われた、サイエンスアゴラ2018セッション
「地域での発達障害支援を考えよう ~うちの子、少し違うかも…Final」の
パネルディスカッションの様子です。

広告

【テーマ】
発達障害支援における学校教育のかかわり方とは?

【登壇者】
モデレーター:熊  仁美 NPO法人ADDS 共同代表
パネリスト:
外岡 資朗 鹿児島県こども総合療育センター 所長
神尾 陽子 お茶の水女子大学 人間発達教育科学研究所 客員教授
近藤 直司 大正大学 心理社会学部臨床心理学科 教授
大石 幸二 立教大学 現代心理学部心理学科 教授

開催報告はこちら:
http://www.jst.go.jp/ristex/public/ristex/2018_agora_symposium.html

広告

Leave a Reply